スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フライ,ダディ,フライ』(2005)★★★★☆ 

数日前、『フライ,ダディ,フライ』(2005)を観ました。

娘をボコボコにされた復讐として
堤真一扮する“おじさん”がトレーニングを開始、
勝ち方ではなく戦い方を
岡田准一扮する少年から教わるという話。

面白かった。
尻上がりにワクワクした。
最後は空を飛んでる気分になった。

特に好きだった場面は、バスとの競争。
バスの運転手がネクタイをハチマキにしアクセル全開。
堤真一は会社のカバンを持ちながらひたすら前進。
バスに乗っている常連さんたちが窓から体を出して応援。
感動ものでした。

おじさんの相手役である須藤元気も
迫力ある良い演技をしていた。

病院にて父の決闘の結果を待つ娘が
知らせを受ける場面もなかなか良い。

ラストシーンも絵が綺麗だった。

ただ、残念なのは最初の場面。
モノクロから始まる意図がよくわからなかった。
それと、Mr.Childrenの曲をエンドロールではなく
最後らへんのどっかの場面で入れてもらいたかったな。

というわけで、『フライ,ダディ,フライ』は★★★★☆。
「、」ではなく「,」を使うことに疑問が残るけど。

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


スポンサーサイト

『四月の雪』(2005)★★★☆☆ 

『四月の雪』(2005)を観た。

ぺ・ヨンジュン主演の映画で、
不倫していた2人が事故に遭い、
残された配偶者同士が不倫するという話。

絵的には美しい。
セリフが少なく、間の取り方も良い。
顔色から感情を読み取れるようになっている。

窓ガラスや鏡を使った描写も綺麗だ。
ひとつの画面に
二人の心の葛藤が見事に映し出されている。

ただ、残念なのは、俺好みのストーリーでないということ。
結婚してないのでもちろん不倫の経験もない。
また、二人がどうして惹かれあったのかなどの説明不足。

というわけで、『四月の雪』は★★★☆☆。
不倫を経験してから観たら評価が変わるかも?w

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。