スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陰陽師』(2001)★★★★☆ 

『陰陽師』(2001)を観た。

野村萬斎と真田広之の存在感が際立っている。
最後の闘いは見応えがある。

夏川結衣の演技もなかなか良い。
今井絵理子は演技していたのかさえ疑問だが、
そこにいるだけで良かったのだろう。

ただ、伊藤英明の演技がアホっぽい……。
そういうキャラ設定なのだろうか?

というわけで、『陰陽師』は★★★★☆。
夢枕獏氏の原作を是非読んでみたいと思った。


↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


スポンサーサイト

『いぬのえいが』(2004)★★★★★ 

『いぬのえいが』(2004)を観た。

笑いあり、感動あり、涙あり。
かなりオススメな7つのオムニバス作品!

特に、『ねぇ、マリモ』では、
他界したペットとの思い出が蘇り、
涙なしでは観れなかった。・゚・(ノД`)・゚・。

ペット側からの視点と気持ち。
こんな風に思っていてくれていたなら嬉しいなと
心から思いました。

というわけで、『いぬのえいが』は★★★★★。
これは観ないと損!


↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


『ゲロッパ!』(2003)★☆☆☆☆ 

『ゲロッパ!』(2003)を観た。

やっぱり好きになれない。
面白さが全くないと感じた。
感動なし。笑いなし。

西田敏行がJBのマネをするには無理がある。
ここだけ苦笑いがある。

コマを割ればカッコ良い映画になるわけではない。
話の筋を導くような
もっと効率の良いコマ割りをしてもらいたい。

というわけで、『ゲロッパ!』は★☆☆☆☆。
こんな感想を言えるのも、観たからなのだが。


↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


『玩具修理者』(2001)★☆☆☆☆ 

『玩具修理者』(2001)を観た。

観終わったとき、「短かすぎるなあ」と感じた。

たったの45分のショートフィルム。

映画としては物足りない。

しかし、原作の本はおもしろい「らしい」。

小林泰三著の原作を読んでから、
また映画を観ないといけないなと思った。

ということで、とりあえず『玩具修理者』は★☆☆☆☆。


↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


『刑務所の中』(2002)★★★★☆ 

『刑務所の中』(2002)を観た。

規則正しい生活に、贅沢なご飯。
ときには野球もできて、映画も観れる。

本当に楽しそうだ^^;
刑務所の中での生活を「快適な居場所」として描いている。

ただ、ラストが少々物足りない。
エンドロールが流れたとき、
「あら、これで終わりなの?」みたいな感覚になった。

というわけで、『刑務所の中』は★★★★☆。
ホ○エモンは快適な生活をしているに違いない?!


↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


『キューティーハニー』(2003)★☆☆☆☆ 

『キューティーハニー』(2003)を観た。

監督は、『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明らしいが、
「一体どうしちまったんだい?」と尋ねたくなる。

爆笑や感動というよりも、
ボケがすべったときの苦笑いに近いものを感じた。

原作の漫画やアニメに似ても似つかない配役。
ハニーは、佐藤江梨子じゃないと思う。
もっと細……(略)。

演技もいまいちでCGは安っぽい。
唯一良かったのは、倖田來未の音楽ぐらいかw

というわけで、『キューティーハニー』は★☆☆☆☆。

↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


↓作品の解説などはコチラ!


オンラインDVDレンタルサービス 「TSUTAYA DISCAS」プログラム 

入会金0円!
送料0円!
延滞金0円!
月額2079円で借り放題!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓







『月とキャベツ』(1996)★★★★★ 

『月とキャベツ』(1996)を観た。
2度目の鑑賞になる。

山崎まさよしが素朴で良い。
そして、『One more time, Once more chance』
の曲が素晴らしい。

突然現れた少女ヒバナのダンスも良い。
そして、彼女との楽しい生活から生まれた曲。
曲の完成後、彼女は姿を消し、実は……。

不思議でロマンチックな物語だけど、
見終わった後に心が温まる。

泣ける。・゚・(ノД`)・゚・。

『月とキャベツ』は、何度観ても★★★★★!

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


『スウィングガールズ』(2004)★★★★★ 

『スウィングガールズ』(2004)を観た。

シンプルで楽しい。
心地良く、ウキウキした。

脚本と監督は、『ウォーターボーイズ』(2001)の矢口史靖。
『ウォーターボーイズ』で感じた「わざとらしさ」がなく、
ジャズ音楽の心地良い音色が自然と心に響いた。

主演の上野樹里は、至って普通のしょうゆ顔だが、
演技力があるように感じた。
東北弁が似合っているw

『ウォーターボーイズ』にも出演していた竹中直人が
『スウィングガールズ』にも出演していたのには笑った。

というわけで、『スウィングガールズ』は★★★★★。
ジャズ聴くべ♪

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


↓作品の解説などはコチラ!


WOWOW(BS─5CH)新規加入申込募集プログラム 

月々2000円ちょっとで映画が見放題!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。