スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『交渉人 真下正義』(2005)★★★☆☆ 

『交渉人 真下正義』(2005)を観た。

惜しい。
実に惜しい。

ストーリーのツメが甘い気がする。
途中までは、交渉人と犯人の心理的かけひきに
ハラハラドキドキした。

けれど、最後がスカっとしない。
(見た人には、何を言いたいかわかると思うが。)

『踊る大走査線』スタッフによる
カメラアングルと動きが抜群に素晴らしいだけに
「あと一歩」というのが正直な感動。

爆破の模擬映像があったらもっと良かったかも。

というわけで、『交渉人 真下正義』は★★★☆☆。

ユースケ・サンタマリアの演技は悪くないし、
寺島進が味のある演技をしてたと思うが、
織田裕二が演じる青島にはやっぱり勝てないな~。

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


↓作品の解説などはコチラ!


スポンサーサイト

『パッチギ!』(2004)★☆☆☆☆ 

『パッチギ!』(2004)を観た。

これが第79回キネマ旬報で日本ベストワンと監督賞?
第29回日本アカデミー賞で優秀監督賞?
ありえねえ!!

無意味な暴力ありすぎ。
下手なコマ割り。
映像に華がない。
オダギリジョーのちょい役、適任ではない。

ナイナイが出演してた『岸和田少年愚連隊』(1996)は
好きな映画だっただけに残念で仕方ない。

というわけで、『パッチギ!』は★☆☆☆☆。
井筒和幸監督ばりの辛評ですみません。

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


↓作品の解説などはコチラ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。