スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジャンヌ・ダルク』(1999)★★★★★ 

『ジャンヌ・ダルク』(1999)を観た。

一言で言うと、悲しい。

可哀想。
そして衝撃。
物語だけですごく心を打たれる。

ミラ・ジョヴォヴィッチは強い女を熱演している。
ジャンヌ・ダルクってこんな女性だったんだなと思った。
髪をバッサリ切る勇気がカッコイイ。

というわけで、『ジャンヌ・ダルク』は★★★★★。
リュック・ベッソン監督の腕もさすがとしか言いようがない。


↓作品の解説などはコチラ!


↓今日は何位かな?↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。