スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回映画トリビア: ジョニー・デップの刺青には……? 

知っている人は知っている。
知らない人は知るはずがない。
そんな微妙な境目を付くぽっぷ主催の映画トリビアも
大好評につき今回で6回目を迎えました!


さて、本題です。

第6回映画トリビア:
ジョニー・デップの刺青の一つに
元恋人の「ウィノナ・ライダー」の名前があり、
英語では「Winona Forever」(ウィノナへ永遠の愛を)と
彫ってあったが、破局後には一部を修正し
「Wino Forever」(安いワイン、最高!)になっているw



「ぽーーーーー!」と思われた方、コメントくださいw
コメントの数字がその驚きを表すことになります。


尚、1983年、デップは
一緒にやっていた音楽バンドのドラム
ロリ・アン・アリソンと結婚し、
アリソンの元恋人であったニコラス・ケイジの勧めで
俳優になる。

そして今は、フランス人の歌手・女優である
ヴァネッサ・パラディと“交際中"であり
2人の子供がいるにも関わらず女性に大人気なデップ。

というわけで、とってもうらやましいですwww
安い酒、持ってこ~~~い!

↓今日は何位かな?↓


スポンサーサイト

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006)★★★★☆ 

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』
(2006)を映画館で観てきた。

ジョニー・デップ、良い味出してるね~!
海賊がこんなに似合う男は彼しかいないかも。
ハマり役すぎ~!

さすがディズニー映画。
随所に楽しい細工が仕掛けてあり、楽しく観れた。

以下、ちょっとネタバレ注意!

特に好きだったのは、原住民との戦いの末、
長い棒に沢山の果物が突き刺さり、
バランスを保てなくなったジャック(ジョニー・デップ)の姿w

地面に落下してしまった後、果物も落ちてくるのだが
見事にジャックを避けてたのも笑わせてくれた。

ただ、ちょっと長いかも。
水車の内側での3人の戦いや、
巨大タコの怪物の暴れっぷりが異常に長く感じた。

また、『パイレーツ1』(2003)も3年前に映画館で観たが、
内容を忘れていて意味不明な箇所が多々あった……。
復習してから観に行けばよかった……。

そして、今回は『パイレーツ3』への前置きなので
当然のごとく物足りない終わり方でもあった。

というわけで、『パイレーツ2』を
「単独」の映画として評価するならば★★★★☆。

今日は寿司でも食べに行こうかなw


↓今日は何位かな?↓


↓作品の詳しい解説などはコチラ!


↓作品関連の音楽などはコチラ!


↓作品関連の本などはコチラ!


↓作品関連の玩具などはコチラ!


↓ネットで借りてポストへ返す。送料無料、延滞なし!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。