スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワールド・トレード・センター』(2006)★★☆☆☆ 

『ワールド・トレード・センター』(2006)を映画館で観てきた。
ん~、普通すぎる……。

2001年9月11日に起きた同時多発テロを題材に、
オリヴァー・ストーン監督がリアリティを追求して描いた
奇跡的に生還した二人の物語。

確かに、ストーリー的には感動するし、凄いと思う。
でも、映画としてはイマイチだった……。

WTCの崩壊後の瓦礫の下で
全く動けない状態になった二人の家族の話が
とっても退屈だった……。

そして、イエス・キリストの夢を見たという時は
ちょっと笑ってしまった……。

というわけで、
『ワールド・トレード・センター』は★★☆☆☆。

リアリティさにおいても、フランス人兄弟が偶然に撮影した
映像の方がよっぽど迫力があったと思う……。


↓今日は何位かな?↓


↓作品の詳しい解説などはコチラ!


↓ネットで借りてポストへ返す。送料無料、延滞なし!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。