スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かもめ食堂』(2005)★★★★★ 

『かもめ食堂』(2005)を観た。
公式サイトは「コチラ」!
公式ブログは「コチラ」!

監督:荻上直子。
原作:郡ようこ。
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、他。

フィンランドで小さな食堂を経営する日本人女性の話。

『やっぱり猫が好き』の監督らしさが出ている作品で、
「ゆったり」と流れる時間を充分に楽しめた。

室井滋の代役なのか、
それとも背が高いから起用されたのか。
片桐はいりが入り(爆)、
『やっぱり猫が好き』とは一風違った作品になっているのが
これまた良いなぁと思った。

日本の味「おにぎり」や「シャケ」を美味しそうに食べる
フィンランド人のお客様たちの表情は、
演技が下手なのか、それとも俺にだけそう見えたのか、
なんだかぎこちない「味のリアクション」だったw

けれど、
そのぎこちなさが「ゆったり」とした作風に合っていて、
良い味を出していたように感じた。

その他、コーヒー、プール、波止場、森、白夜など、
フィンランドの特徴を生かした「ゆったり」さがあり、
観終わった後、心が温まる「余韻」に浸ることが出来た。

井上陽水の曲もその余韻の楽しさを深めてくれた。

というわけで、『かもめ食堂』は★★★★★。
やばい…、この感想文から俺の年齢がバレるかもw


↓作品の詳しい解説などはコチラ!


↓今日は何位かな?↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。