スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の邦画は確かに●●だと思います! 

ぽっぷ芸能ニュースの時間です。

日本映画製作者連盟(映連)の発表によると、
2006年の邦画のシェアが洋画を上回ったそうですね。

最近の邦画は、確かに面白いと思います!

ハリウッド映画のようなド派手さは無くても
「日本人の心に響く」感動作品が増えていると思います!

映連の発表でランキングインした邦画の中での
ぽっぷのお気に入りは、
LIMIT OF LOVE/海猿』、
THE 有頂天ホテル』、
男たちの大和/YAMATO』、
映画ドラえもん/のび太の恐竜2006』。
(※参考記事では、間違って「2007」になっているw)

逆に、洋画では期待は大きかった分、
ガッカリした作品が多かったと思います……。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』と、
ダ・ヴィンチ・コード』は、
作品自体はそれなりに楽しんたが最高得点ではない……。
ワールド・トレード・センター』では
かなりガッカリさせられました……。

というわけで、「邦画>洋画」に益々期待!
もっともっと邦画を観ていきたいなぁ。

▼参考リンク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000010-eiga-movi

↓今日は何位かな?↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。