スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オトシモノ』(2006)★★★★★ 

『オトシモノ』(2006)を観た。

【内容】
駅での落し物を拾った人たちに降り注ぐ謎の死と、
タイプの違う女子高生2名の間に芽生えた友情の話。

【キャスト】
・沢尻エリカ
・若槻千夏
・小栗旬
・杉本彩
・板尾創路
・浅田美代子


【スタッフ】
・監督:古澤健
・脚本:古澤健、田中江里夏
・プロデューサー:石塚慶生
・製作:「オトシモノ」フィルムパートナーズ
・配給:松竹
・原案:浅見敬福島大輔
・漫画版作者:林ふみの(角川書店)
・小説版作者:福澤徹三(角川書店)
・音楽:加藤ミリヤ『I WILL』

【ぽっぷの感想】
良い出来栄えのホラー映画だった。

めちゃくちゃ怖いってわけではないが、怖かった。
友情なんかが入っていたりしてちょっと感動した。
ホラーに友情を組み合わせるのも良いなと思った。

キャストが意外に良い。
特に、沢尻エリカの演技が大変良い。
怯え、叫び、倒れる演技が「自然体」で、
演技しているようには感じさせなかった。
さらに、さすがフランス人と日本人のミックスと思わせる
人形のような顔とスタイルに和まされ、安心して観れた。

子役たちを含め、脇役の演技も見応え充分。
若槻千夏は素人の演技には見えず、
小栗旬も「花沢類」とは違った演技で高評価、
杉本彩と板尾創路に至ってはかなりハマリ役。
板尾の嫁さんは面白いが、板尾は怖すぎて素敵。

ストーリーの展開や特殊メイクにややベタな感があるが、
ホラーとしてちゃんとしているので、良い作品だった。

というわけで、『オトシモノ』は★★★★★。
トンネルでの奇怪な謎を一瞬で終わらせるやり方も、好き。


↓今日は何位かな?↓


↓もっともっと詳しい作品の解説、文庫などはコチラ!


『LOFT ロフト』(2005)★☆☆☆☆ 

『LOFT ロフト』(2005)を観た。

【内容】
沼に落ちたミイラを発見した大学教授の過去の秘密と、
女流作家との恋愛を描いたホラーサスペンス映画。

【スタッフ、キャスト】
監督:黒沢清、
脚本:黒沢清、
音楽:ゲイリー芦屋、
出演;中谷美紀、豊川悦司、西島秀俊、安達祐実、
鈴木砂羽、加藤晴彦、大杉漣、他。

【ぽっぷの感想】
全体的に退屈な作品だった。

ホラー映画ではないですね。
比較的怖がりな俺だけど全然怖くなかった。
むしろ、滑稽だった。

中谷美紀が途中から泥のゲロを全く吐かないことに
「あれ? 呪いはどうなったの?」と引っ掛かり、
今まで全然動かなかったミイラが突然歩き出した姿を見て
「えええええ、面白くない発想……」と思い、
幽霊役が安達裕実と分かった瞬間
「可愛らしい幽霊だな」と感じた。

そういう意味では、サスペンス映画かもしれない。
けれど、「何が起こるんだろう?」と
「不安感」や「緊張感」を感じるという意味ではなく、
観終わっても理解できない「未解決」いう意味で……。

意味不明な展開のラブストーリーも入っていて、
なぜ惹かれ合ったのかサスペンスだった。

というわけで、『LOFT ロフト』は★☆☆☆☆。
インタビューなどの特典映像は楽しかった。

↓今日は何位かな?↓




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。