スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)★★★★★ 

『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)を観た。

何度目かの鑑賞になるが、まだ全部の台詞を覚えていない。
また忘れるだろうが、その時にまた観たいと思う作品。

【内容】
カリオストロ城から王女クラリスを救い出すルパンたちの物語。

【登場人物】
・ルパン三世:山田康雄
・次元大介:小林清志
・峰不二子:増山江威子
・石川五ェ門:井上真樹夫
・銭形警部:納谷悟朗
・クラリス(クラリス・ド・カリオストロ):島本須美
・カリオストロ伯爵(ラザール・ド・カリオストロ):石田太郎
・庭師の老人:宮内幸平
他。

【スタッフ】
・原作:モンキー・パンチ
・監督:宮崎駿
・製作:藤岡豊
・脚本:宮崎駿、山崎晴哉
・音楽:大野雄二
・プロデューサー:片山哲生
・作画監督:大塚康生
・美術:小林七郎
・製作担当:斎藤壽男
・製作進行:吉田力雄、棚内一彦、岩田幹宏
・製作協力:テレコム、アニメーションフィルム
・オリジナルサウンドトラック:『ルパン三世 カリオストロの城』
・連載誌:週刊Weekly漫画アクション、パワァ・コミックス(双葉社刊)
・配給:東宝
・製作:東京ムービー新社
・公開:1979年12月15日
・上映時間:100分

【ぽっぷの感想】
とっても面白かった。
物語、絵、動き、台詞、音楽、鳥の鳴き声、
ほぼ全てが完璧な作品だった。

以下、ネタバレ注意!

物語 ★★★★★
姫の救出を目指す単純明快なストーリー。
けれど、冒頭からエンディングまで細かい設定が沢山あり、
こんなに沢山の小話を簡単にまとめているなと感心した。

カジノから金を盗み出したルパンらを追いかけようとする
パトカーが次々と故障していく様は、動きが滑稽で楽しい。

カリオストロ伯爵の一団に追いかけられるクラリス姫を
ルパンらが助けようとするカーチェイスは、
スティーヴン・スピルバーグ監督も絶賛したという。

時計台内部ので繰り広げられる格闘では、
歯車の動きに合わせて小走りしながら戦う
ルパンとカリオストロ伯爵の姿が滑稽過ぎて、
思わず大きな笑い声が出てしまった。

そして、最後には銭形警部の感動的な台詞。
「奴はトンでもない物を盗んでいきました。あなたの心だ!」。

欠点を見つけ出す事が非常に難しい程の傑作。
唯一の間違いと言えば、ボンネット裏側の文字の
「ごくろうさま」が「ごくろうさん」に変わっている点だけだろう。

配役 ★★★★★
ルパン三世の声と言ったら故・山田康雄だよね!
栗田貫一が声真似で引き継いでくれて嬉しいよ!

クラリス姫の声は、本当に綺麗な声だなぁ!
島本須美さんのナウシカの声も、小公女セーラの声も大好きです!

演出 ★★★★★
完成度、高すぎ。
宮崎駿監督の「初」の劇場用作品だとは思えない程。
色、絵、音、台詞、コマ割り、カメラのアングル、文句無し。
素晴らしい!

映像 ★★★★★
1979年の作品を2007年に観ても、見劣りしない。
ヨーロッパの建築や、飛行機のデザインがカッコイイ。
何年経っても価値が変わる事の無い芸術の域だ。

音楽 ★★★★★
『ルパンのテーマ』は知っているので聴くと心地良い。
結婚式の時の音楽も好き。
ゲーム『ドラゴンクエスト』の音楽はここからかと思った。

というわけで、
『ルパン三世 カリオストロの城』は★★★★★。

「この作品はトンでもない物を盗んでいきました。僕の心です!」。

↓今日は何位かな?↓


『ルパン三世 カリオストロの城』関連のDVDなど!


スポンサーサイト

『ゲド戦記』(2006)★★☆☆☆ 

『ゲド戦記』(2006)を観た。

【内容】
「アースシー」の世界を舞台にした魔法使いゲドの物語。

【声の出演】
・アレン(レバンネン):岡田准一
・テルー(テハヌー):手嶌葵
・ハイタカ(ゲド):菅原文太
・テナー:風吹ジュン
・クモ:田中裕子
・ウサギ:香川照之
・国王:小林薫
・王妃:夏川結衣
・女主人:倍賞美津子
・ハジア売り:内藤剛志
・ルート:飯沼彗
・二人組のオバさん:梅沢昌代、神野三鈴
他。

【スタッフ】
・監督:宮崎吾朗
・製作:スタジオジブリ
・原作:アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』(Earthsea)
・原案:宮崎駿の絵物語『シュナの旅』
・脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子
・音楽:寺嶋民哉
・配給:東宝
・公開:2006年7月29日
・上映時間:115分

【ぽっぷの感想】
あんまり面白くなかった。
ストーリーが好きじゃないのかも。
絵が好きじゃないのかも。
声優に芸能人を使っているのが好きじゃないのかも。
『テルーの唄』だけは凄く良いと感じた。

物語 ★☆☆☆☆
何を伝えたいのかよく分からなかった。
まだ原作を読んでいないからだろうか?
原作を読めばきっと理解しやすいのだろうか?
けれど、原作者のアーシュラ・K・ル=グウィン氏も
自身のサイトで「批評」(←日本語訳)しているように、
「原作と映画は別物」(they're different arts)のようだ。
原作を読んだ所で何か変わるとも思えない。

上のリンク内で原作者も述べているように、
「説明不足」(incoherent)なのだろう。
龍と人の関係は?
なぜアランは2つに分裂したのか?
原作者も理解に苦しんでいるのに、
映画を観ただけでは理解出来るはずは無い。

長編小説の物語を2時間にまとめるのは無理だとか、
そういう「尺の問題」でもない気がする。
原作とは違う「別物」の映画を形にするならば、
それなりの物語を分かり易く展開する事は出来ただろう。

配役 ★☆☆☆☆
岡田准一、菅原文太、倍賞美津子は好きだ。
男の俺から見ても岡田准一と菅原文太はイケメンだと思うし、
連続ドラマ『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』で
オカン役を演じた倍賞美津子には涙・涙だった。

しかし、芸能人を声優に使う事はどうかと思う。
ただの客寄せパンダで、声優のプロではない。
実際、何を言ってるか聞き取れない場面もあった。

演出 ★☆☆☆☆
ただの親の七光りのように感じた。
ほぼ素人の宮崎吾郎監督を、
実父の宮崎駿監督と比べるべきではないかもしれないが、
悲しいかな、比べてしまうんだなぁ……。

映像 ★★☆☆☆
鮮やかさが無い。
暗いw
ただ、龍の映像はまあまあ凄かった。

音楽 ★★★★★
『テルーの唄』には聴き惚れた。
歌詞に関しては「謝罪」してるけれど、どうでもいいかな……。
手嶌葵の唄声がとっても素敵だった!

というわけで、『ゲド戦記』は★★☆☆☆。
今週末は、宮崎“駿”監督の懐かしい作品を観ようっと。

▼関連サイト
ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文
Ursula K. Le Guin Gedo Senki, a First Response
スタジオジブリ - STUDIO GHIBLI - 「テルーの唄」の歌詞の表記の問題について

↓今日は何位かな?↓


↓『ゲド戦記』関連のDVD、本、音楽など


『キャッチ ア ウェーブ』(2006)★★★★☆ 

『キャッチ ア ウェーブ』(2006)を観た。

楽しく観れた。
この映画には、
サーフィンの楽しさ、青春、そして笑いが詰み込まれている。

原作者は現役高校生の豊田和真。
監督はドラマ『WATER BOYS』や
『僕と彼女と彼女の生きる道』などの橋伸之監督。

話がテンポ良く進み、最後まで飽きさせない。
サーフィンを始めたい人、
夏が来る前にこの映画を観ると楽しいかも?!

【内容】
湘南で夏を過ごす3人の男子高校生の話。

【キャスト】
(『ウィキペディア日本語版』、最終更新日:2007年3月4日 (日) 13:00)
・佐々木大洋 - 三浦春馬
・ジュリア - 加藤ローサ
・小林誠人 - 木村了
・田口浩輔 - 濱田岳
・デューク川原の妻・貴子 - 高樹沙耶(特別出演)
・ジュリアの母 - とよた真帆
・マーク - 坂口憲二
・デューク川原 - 竹中直人
他。

【スタッフ】
(『ウィキペディア日本語版』、最終更新日:2007年3月4日 (日) 13:00)
・監督:橋伸之
・原作:脚本:豊田和真
・音楽:澤野弘之
・プロデューサー:豊田俊穂、稲田秀樹
・協力:日本プロサーフィン連盟
・制作:インダストリアル・ピクチャーズ、共同テレビジョン
・製作:ワーナーブラザーズ映画、電通、他
・音楽:DEPAPEPE
・主題歌:Def Tech『Catch a Wave』
・公開:2006年4月29日
・上映時間:116分

物語 ★★★★☆
ストレートなストーリー。
ベタではあるが、分かり易い。
最後の決闘、馬鹿馬鹿しいけど、嫌いではない。

配役 ★★★★☆
メインキャストの男3人に、演技の初々しさが残っているけれど、
それがまた良かったのかもしれない。

特に主演の三浦春馬くんは清々しかった。
顔、髪型、笑顔、服装などの外見も清々しいが、
声、目の表情、行動などの内面も清々しかった。
ドラマ『14才の母』の時の何か暗い感じの役ではなく、
目をキラキラさせてサーフィンを楽しむ高校生を
この映画では熱演していたと思う。

さらに、デューク役の竹中直人は楽しすぎwww
登場の仕方は、「メイキング」で語ってたけど、
『リング』の貞子をイメージしたらしいw
全体を通して、竹中直人自身も
自分が二枚目俳優じゃない事は分かっているのだろうに
わざとカッコイイ演技をしたりしているのが、
いつ観てても思うけど面白いw

加藤ローサは、好みじゃないけど良い演技してたかも。
主演している『シムソンズ』も観てみたいと思った。

坂口憲二は演技がどうこうではなく、なんだかいやらしいw
「サーフィンと言ったら…俺!」と言いたいかのように、
サーフィン関連のドキュメンタリーなどによく出演してるので……。
といっても、ショートで技を披露するというよりも、
純粋に波乗りを楽しむロングボーダーだなぁという印象だった。

ローカルサーファーのニックを演じた三船力也からは、
生意気さが伝わってきて、好印象。
敵役として“適役”だった……。
発音の良い英語と流暢な日本語を織り交ぜながらの
喧嘩腰のあの態度が憎たらししく、それでいてかっこ良かった。

演出 ★★★★☆
オープニングとエンディングのフレーム、
水着の女の子たちが所々に出てくるシーン、
サーフボードを少しずつクローズアップして映して
サーフィンに興味を持ち始める事を表現しているシーン、
台風で風が強い事を表現する旗や服の揺らめき。
オーソドックスな手法だけれど、細かく演出されていたと思う。

映像 ★★★★★
「メイキング」でも語っていたが、
主演の三浦春馬くんら男3人はサーフィン初心者。
だから、上達していく姿が演技というよりもリアル。
その生の映像が個人的に好き。

また、波に飲まれてしまうシーンが見事に表現されていた。
サーフィンをやっている人は分かると思うけど、
本当に死にそうなぐらい苦しいんだよねww

牛越プロがまじで波乗りしてる映像は、迫力満点!
そして、エンディングシーンの波の映像は、やば過ぎるw
あの高さは凄いね。

音楽 ★★★★★
Def Techの音楽、最高!
彼らもサーファーだからコラボしたんだろうけど、
そんなん関係無しで音が良い!

DEPAPEPEの演奏も清々しさと陽気さを表現してた。
波以外のシーンでも、非常にマッチしていたと思う。

というわけで、『キャッチ ア ウェーブ』は★★★★☆。
小さな自慢ですが、牛越プロと一緒に写真を撮った事がありますw

↓今日は何位かな?↓


↓作品関連のDVD、本、音楽など(クリックは当然、無料!)


『フラガール』(2006)★★☆☆☆ 

『フラガール』(2006)を2回観た。

【内容】
昭和40年代の福島県、フラガールが町興しに奮闘する話。

【キャスト】
・松雪泰子
・豊川悦司
・蒼井優
・山崎静代
・池津祥子
・徳永えり
・岸部一徳
・富司純子
・高橋克実
・寺島進
他。

【スタッフ】(Wikipediaより)
・監督:李相日
・製作:李鳳宇
・脚本:羽原大介
・企画・プロデュース:石原仁美
・音楽:ジェイク・シマブクロ
・テーマソング:ジェイク・シマブクロ『Hula Girl』
・劇中歌:『Wish on my star』
・演技・振付指導:カレイナニ早川
・配給:シネカノン
・公開:2006年9月23日
・上映時間:120分

【ぽっぷの感想】
正直、どっぷりとハマる事は無かった。
笑えたり、感動したりする所はあるのだが、
絶賛するほどの気持ちにはなれなかった。

第80回キネマ旬報ベストテン・邦画第1位、
第30回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。

ん~、俺の感覚が間違っているのかと自分を疑って、
1週間後に2度目の鑑賞。
しかし、やはり自分の気持ちに変わりは無かった。

物語 ★★☆☆☆
実話を基にした作品には感動する事が多い。
ドラマ『1リットルの涙』は涙無しで観る事は出来なかったし、
映画『幸せのちから』からは夢への力をもらった。
けれど、『フラガール』を観てフラガールになりたいとは……。
俺が男なのだから当たり前だろうww

少人数から始まって次第に多くのダンサーが集り、
大勢の観客の声援を浴びるラストシーンへの展開は、
『ウォーターボーイズ』や『スウィングカールズ』に似ている。
けれど、シンクロやジャズのようなハキハキさを
『フラガール』のラストシーンから感じる事は出来なかった。
蒼井優のダンスは凄く上手だったなぁとは思った。
けれど、フラガールを全体で観た場合、一体感が薄かった。
単数形だし……。

配役 ★★★☆☆
誰が役に選ばれても良かったんじゃないだろうか?
主演が松雪泰子じゃなくても、
南海キャンディーズの静ちゃんが居なくても、
トヨエツがこんな地味な役をしなくても……。

ただ、主演っぽいけど主演じゃない蒼井優は、
外せないだろうなぁと思わせる名演技だった。

演出 ★☆☆☆☆
真剣にダンスの練習をする娘を見て
お母さんの気持ちが180度変わるシーン、
ダンスをスローモーションにするのは無難だろうけど、
お母さんの表情と行動はあれで良かったのだろうか?

東京に戻ろうとする先生を引き止めようと
生徒たちが駅のホームで見せた無言のフラダンス。
メッセージが変じゃない?

「一緒に踊りたいと心の底から思う」という先生の台詞、
何かがちょっとひっかかった。

映像 ★★★☆☆
迫力があったというわけではないが、可も無く不可も無く。

音楽 ★★☆☆☆
フラダンスの音楽ってあんな感じなのだろうか?
陽気なハワイの音楽って感じはしなかった。

というわけで、『フラガール』は★★☆☆☆。
それぞれの感想があるもんだなぁと改めて思わせられた。

↓今日は何位かな?↓


↓俺以外からは絶賛好評中の『フラガール』DVD


↓『フラガール』と比較できるかもしれないDVD


↓俺も絶賛好評中の“ドラマ”『1リットルの涙』関連


ぽっぷ監督の夢映画 『たった一問の二択問題』★★★★★ 

おはよーん。
ぽっぷ監督の夢映画です。

面白い夢映画を観ました!
筋書きの無い脚本、最高!
カメラのアングル、コマ割りも最高でしたが、
まじで映像化しないと伝えられないのが残念です!


▼夢映画の内容
学校で、たった一問で、しかも三択なのに、かなり難しいクイズを受ける。クイズ終了後、俺は解答用紙を集める当番。正解が「1」っぽい事がなんとなく分かってきて、自分も「1」を選んだのに、間違っている気がして、不安で不安で仕方ない。緊張からの開放感のせいか、RV車でドライブする事になった。俺、幼馴染の男Aくん、初恋の女Bちゃんの3人は既に居るが、もう一人今付き合っている彼女を迎えに行かないといけない。新聞の日付を見るとクリスマスイブ。この簡単そうで難しい「二択問題」、どうなるのよ?

▼「ぐっちゃんの夢占い」による「運勢」鑑定
総合 ★★★★☆
恋愛 ★☆☆☆☆
金銭 ★☆☆☆☆
健康 ★★★★☆
友情 ★☆☆☆☆
仕事 ★★★★★

▼「ぐっちゃんの夢占い」による「夢からのメッセージ」
あなたの夢は、現実にはテキパキと目前の問題を解決し、前向きに進んでいく事の表れです。長年の夢がかなったり、努力が認められたりします。しばらくの間は満足感一杯の穏やかな日々が続くでしょう。もし、やり残していることがある人は早いうちに片づけるようにしてください。せっかくの幸運が逃げてしまいますよ。

▼夢映画の感想
やり残している事、確かにあります……。
一応、メモ帳にリストにしているのですが、
同時に複数の事をするのが苦手で、
一度に出来る事は一つなんですよねぇ……。

というわけで、『たった一問の二択問題』は★★★★★。
幸運が逃げないよう早いうちに片付けようと思います。
一つずつ実行するしかない事を教えてくれて感謝。

ぽっぷ監督の夢映画、ありがとう!
ぐっちゃんの夢占い、ありがとう!


※この話は夢を忠実に再現したノンフィクションであり、
空想上のフィクションでもあります。

↓今日は何位かな?↓


▼関連リンク
カテゴリー [ぽっぷ監督の夢映画]

『ハチミツとクローバー』(2006)★★★★☆ 

『ハチミツとクローバー』(2006)を観た。

【内容】
美大に通う男女5人の青春物語。

【スタッフ】
・監督:高田雅博
・脚本:河原雅彦、高田雅博
・原作:羽海野チカ『ハチミツとクローバー』
・主題歌:スピッツ『魔法のコトバ』
・配給:アスミック・エース
・公開:2006年7月22日
・上映時間:116分

【キャスト】
・竹本祐太:櫻井翔(嵐)
・花本はぐみ:蒼井優
・森田忍:伊勢谷友介
・真山巧:加瀬亮
・山田あゆみ:関めぐみ
・花本修司:堺雅人
・原田理花:西田尚美
他。

【ぽっぷの感想】
それなりに楽しく観れた。
原作の漫画を詳しく知らない「おかげ」だろうw

物語 ★★★★☆
ラストシーンの「ありがとう」以外、
特に気になる点も無く、話の中に溶け込めた。
仲間との青春時代っていいなー。

配役 ★★★★☆
蒼井優が演じる花本はぐみが、
ふわふわとした「不思議ちゃん」で可愛らしかった。

蒼井優が出演した映画では、
・『リリイ・シュシュのすべて』(2001)
・『花とアリス』(2004)
・『男たちの大和/YAMATO』(2005)
・『ハチミツとクローバー』(2006)
・『フラガール』(2006)
などを観たが、
どの作品でも役になりきった名演技をしていると思う。

『ハチクロ』では、笑顔が良かった。

演出 ★★★★☆
凄い良かったと思える点は無かった。
しかし、特に気になる点も無かった。
ということは、それなりに良い演出だったのだろう。

映像 ★★★★☆
綺麗だった。
カメラのアングルやコマ割りなど結構好きだった。
はぐちゃんの抽象画も綺麗だった。

僕も、絵ブログ『真四角美術館』にて
抽象画を描いているので是非観に来て下さいねw

音楽 ★★★★☆
『ハチミツとクローバー』という漫画のタイトルの由来が
スピッツのアルバム『ハチミツ』と
スガシカオのアルバム『クローバー』だったみたいですねw

スピッツの『魔法のコトバ』は爽やかで良いなぁ。

しかし、スガシカオ作詞作曲で嵐が歌う『アオゾラペダル』は
どんな曲だったか印象に残っていませんw


というわけで、『ハチミツとクローバー』は★★★★☆。
5つの評価の全てを星4つにしたので
総合でも平均を取って星4つになりましたが、
これでは各別の評価の意味が無くなってる?w


↓今日は何位かな?↓


↓映画『ハチミツとクローバー』のDVD関連


↓漫画『ハチミツとクローバー』の本関連


ブログ書くの辞めます…… 

こーん。

ぽっぷの独り言です。

突然ですが、ブログ書くの辞めます……。

疲れました……。

短い間でしたが、

今までどうもありがとうございました!



































ってのは、嘘です。

4月1日でしたwwwwwwwwwwwww

今後もどうぞ宜しくお願いします!

↓ビックリした人、クリックお願いしますw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。