スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっぷ監督の夢映画: 『ペリカン警官』(2008)★★★★☆(75点/100点) 

■pはようございます。
映画ブログ『ポップコーンを食べながら』管理人の
「ぽっぷ」ことポップコーン太郎です。

■2008年1月28日(月)の朝に観た“夢映画”を
ここに一つのメモとして更新します。

■長いかも知れないです。

▼ぽっぷの夢映画: 『ペリカン警官』(2008年1月28日(月))

公園の傍。
壁に巻き付いている草を
手ではなく足で剥がす俺。
草は取れていくが、
靴の裏の汚れで影が黒くにじむ。

公園の隣は警察署だった。
警官がぞろぞろとコチラへ向かって来る。
何が様子が変だ。
目線は俺の向こう側。
振り返ってみると、
一人の40代ぐらいの男が
小型銃を構えている。
警官も集まってきて、
ある警官はその男に銃を向けている。

俺は動いたら撃たれると思いつつも、
近くの電信柱の裏へ隠れようとする。
男が銃口を開いた。
火花を散らして
小さなダイナマイトのような物が出てきた。
真っ直ぐ飛んで地面に落ちた。

そこにピリカン警官が飛び、
それを大きな口でくわえ、
口の中へ入れて遠くへ運ぼうとする。

背中には小さなウサギが乗っている。
競馬のジョッキーのように
ペリカンを操っている。

ダイナマイトが大爆発。
音が響く。
間一髪で皆無事だった。
ペリカン警官以外は……。
口の中で爆発させたらしい。

気絶している。
重症。
ウサギが「お_い!」と叫びながら、
バンバン背中を叩きながら、
ペリカン警官を起こそうとしている。
が、起きない。

公園の壁の上に座っていた俺の周りに、
数名の男の仲間が集まってきた。

仲間同士で、
「俺は○○製の銃を持ってる」だの、
やたらと自慢話をしているが嫌味は無い。

すると、
ぽっちゃりしているけど陽気で
笑顔の素敵な20代前半の女性が、
引越しの手伝いで人手が必要だと言う。
俺は承諾し、付いて行く。

家の中に入ると結構大勢の人が居る。
こっちの部屋、あっちの部屋、20名ぐらい居るだろうか。
ぽっちゃりお姉さんが
「ここは養護学校よ」と教えてくれる。

机の上にある紙に目をやると、
上手なアニメが描かれていた。

生徒の誰かが描いたのだろうか?
「上手い!」と思った。
感動した。

サインの名前は「ふじい こじろう」。
アニメの横顔の特徴から、
サザンオールスターズの桑田圭介が
描かれているのだとすぐ分かる。
帽子は真四角で臼のよう。
上にはお米が見える。

夢から覚める。

 ※注意:
  この話は夢を忠実に再現したノンフィクションであり、
  空想上のフィクションでもあります。

▼個人的な評価は★★★★☆(75点/100点)

 “個人的な評価の基準”は以下の通りです。
  ★★★★★=91点~100点(素晴らしい作品でした!)
  ★★★★☆=71点~90点 (良い作品でした!)
  ★★★☆☆=51点~70点 (まあまあでした。)
  ★★☆☆☆=31点~50点 (ちょっと不満でした。)
  ★☆☆☆☆=11点~30点 (退屈でした。)
  ☆☆☆☆☆=00点~10点 (かなり退屈でした。)

二つの大きな話が
どこかでリンクしたっぽいです。

銃が出てきて怖かったけれど、
予想すら出来ない程の大胆な展開で
面白かったw

▼夢関連?


▼関連記事: カテゴリー『ぽっぷ監督の夢映画』
 ■http://popcornangelo.blog35.fc2.com/blog-category-30.html

▼今日は何位かな?
 ■人気ブログランキング
 ■FC2 Blog Ranking

◆最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました。

(c) 2008 映画ブログ『ポップコーンを食べながら』 All rights reserved.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。