スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『12モンキーズ』(1995)★★★★★(92点/100点) 

■こーん。
 映画ブログ『ポップコーンを食べながら』管理人の
 「ぽっぷ」ことポップコーン太郎です。

▼『12モンキーズ』(1995)を観ました。


 ・原題: 『Twelve Monkeys』。
 ・上映時間: 129分。
 ・製作国: アメリカ。
 ・監督: テリー・ギリアム。
 ・出演: ブルース・ウィリス、マデリーン・ストウ、ブラッド・ピット、他。

▼ぽっぷによる個人的な評価: ★★★★★(92点/100点)。

 “個人的な評価の基準”は以下の通りです。
  ★★★★★=91点~100点(素晴らしい作品でした!)
  ★★★★☆=71点~90点 (良い作品でした!)
  ★★★☆☆=51点~70点 (まあまあでした。)
  ★★☆☆☆=31点~50点 (ちょっと不満でした。)
  ★☆☆☆☆=11点~30点 (退屈でした。)
  ☆☆☆☆☆=00点~10点 (かなり退屈でした。) 

▼ぽっぷによる個人的な感想:

 めちゃくちゃ面白かったです。
 まず、ストーリーがかなり面白い。
 そして、若いブラッド・ピットの
 3枚目っぽい役に爆笑でしたw

 「未来から来た。」と言っても
 信じてくれる人はほぼ居ないでしょうね。
 でも、予言が当たれば少しずつ信じてもらえる。

 映画とは関係無いですが、
 2036年から来たという“ジョン・タイター”さんは
 「中国の内陸部にて暴動が起こり、軍が治安出動する。
 このため、北京オリンピックは中止になる。」と予言しているそうです。
 当たるかどうか僕は興味があります。
 ウィキってみて下さいね。

 というわけで、『12モンキーズ』のエンディングが衝撃的で、
 不思議で好きで、機会があればまた観たいと思いました。

▼DVD:


▼TSUTAYA DISCAS:



▼今日は何位でしょうか?
 ■人気ブログランキング
 ■FC2 Blog Ranking

◆百聞は一“観”に如かず。
(=100回聞くより、1回観る方がよく分かる。)

◆最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました。

(c) 2008 映画ブログ『ポップコーンを食べながら』 All rights reserved.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。