スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『みんなのいえ』(2001)★★★★★ 

『みんなのいえ』(2001)を観た。

あくびすることなく最後まで楽しく観れた。
不思議なことに、ココリコ田中と八木亜季子の演技に
違和感を一切感じなかった。
まさに三谷幸喜のユーモアのある脚本に
よるところが大きいだろう。

玄関のドアを内開きにするか外開きにするかで
我を譲ることのない唐沢寿明と田中邦衛の攻防に、
最後では人間味の温かさを感じた。

というわけで、『みんなのいえ』は★★★★★。

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/10-437eeb5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。