スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第79回アカデミー賞の結果 

ぽっぷ芸能ニュースの時間です。

『第79回アカデミー賞』の結果が発表されましたね。

菊地凛子さんは残念ながら受賞を逃しちゃいました。
ノミネートされただけでも凄いと思うし、
今まで無名だったのにいきなり有名になりましたねw
今後の活躍が楽しみです。

レオナルド・ディカプリオも受賞を逃しちゃいました。
昔ほどの人気も今は無いだろうし、全盛期を通り越した?
『タイタニック』や『ロミオとジュリエット』よりも
『バスケットボール・ダイアリーズ』が好きだったりしますw

『カーズ』も長編アニメ賞、受賞ならず……。
んー、受賞した『ハッピーフィート』を
観ていないのでなんとも言えませんが、
大本命として受賞を予想してたので残念です。

ただ、マーティン・スコセッシ監督が遂にオスカーを!
『ディパーテッド』で監督賞を受賞!
「無冠の帝王」が遂にオスカーを手にしました!
888888888888888

そして、『ディパーテッド』が作品賞を受賞!
しかし、香港映画のリメークで受賞かよっ!
受賞したことは素直に嬉しいんだろうとは思うけれど、
オリジナルで獲りたかったのが本音ではないだろうか?!

というわけで、第79回アカデミー賞では涙あり笑顔あり。
なかなか手にできないからこその喜びって良いですね。


主要部門での受賞作品は以下の通り。(★印が受賞者)

【作品賞】
★『ディパーテッド』
『バベル』
『硫黄島からの手紙』
『リトル・ミス・サンシャイン』
『クィーン』

【監督賞】
★マーティン・スコセッシ『ディパーテッド』
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『バベル』
クリント・イーストウッド『硫黄島からの手紙』
スティーヴン・フリアーズ『クィーン』
ポール・グリーングラス『ユナイテッド93』

【主演男優賞】
★フォレスト・ウィッテカー『ラスト・キング・オブ・スコットランド』
レオナルド・ディカプリオ『ブラッド・ダイヤモンド』
ライアン・ゴズリング『Half Nelson』
ピーター・オトゥール『Venus』
ウィル・スミス『幸せのちから』

【主演女優賞】
★ヘレン・ミレン『クィーン』
ペネロペ・クルス『ボルベール <帰郷>』
ジュディ・デンチ『Notes On A Scandal』
メリル・ストリープ『プラダを着た悪魔』
ケイト・ウィンスレット『リトル・チルドレン』

【助演男優賞】
★アラン・アーキン『リトル・ミス・サンシャイン』
ジャッキー・アール・ヘイリー『リトル・チルドレン』
ジャイモン・フンスー『ブラッド・ダイヤモンド』
エディ・マーフィー『ドリームガールズ』
マーク・ウォールバーグ『ディパーテッド』

【助演女優賞】
★ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』
アドリアナ・バラザ『バベル』
ケイト・ブランシェット『Notes on a Scandal』
アビゲイル・ブレスリン『リトル・ミス・サンシャイン』
菊地凛子『バベル』

【オリジナル脚本賞】
マイケル・アーント★『リトル・ミス・サンシャイン』
ギジェルモ・アリアガ・ホルダン『バベル』
アイリス・ヤマシタ/ポール・ハギス『硫黄島からの手紙』
『パンズ・ラビリンス』(メキシコ) ギレルモ・デル・トロ 『パンズ・ラビリンス』
ピーター・モルガン『クィーン』

【外国映画賞】
★『善き人のためのソナタ』(ドイツ) フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
『After the Wedding』(デンマーク) スザンネ・ビエール
『Days of Glory』(アルジェリア) ラシッド・ブシャール
『パンズ・ラビリンス』(メキシコ) ギレルモ・デル・トロ
『Water』(カナダ) ディーパ・メータ

【長編ドキュメンタリー賞】
★『不都合な真実』
『Deliver Us from Evil』
『Iraq in Fragments』
『Jesus Camp』
『My Country My Country』

【長編アニメ賞】
★『ハッピーフィート』
『カーズ』
『モンスター・ハウス』

▼参考リンク
http://www.eigaseikatu.com/news/0/28417/


↓今日は何位かな?↓


スポンサーサイト

コメント

映画みるんだぁ

こばわ^^アカデミー賞があったことすらしらなかったwww
硫黄島からの手紙っておもしろい?
  • [2007/03/03 01:54]
  • |
  • rojico
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>rojicoさん
『硫黄島からの手紙』はまだ観てません。
なので、何とも言えませんが、
かなり評判良いので面白いと思います。

日本人が多く出演して日本語を話しているのに、
クリント・イーストウッド監督の作品なので
「アメリカ映画」として扱われている事も興味深いですね。

僕も機会があったら
『父親たちの星条旗』と共に是非観たいと思っています。

また遊びに来てくださいね。
  • [2007/03/06 06:25]
  • |
  • ぽっぷ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/152-95d2ab9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。