スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『LOFT ロフト』(2005)★☆☆☆☆ 

『LOFT ロフト』(2005)を観た。

【内容】
沼に落ちたミイラを発見した大学教授の過去の秘密と、
女流作家との恋愛を描いたホラーサスペンス映画。

【スタッフ、キャスト】
監督:黒沢清、
脚本:黒沢清、
音楽:ゲイリー芦屋、
出演;中谷美紀、豊川悦司、西島秀俊、安達祐実、
鈴木砂羽、加藤晴彦、大杉漣、他。

【ぽっぷの感想】
全体的に退屈な作品だった。

ホラー映画ではないですね。
比較的怖がりな俺だけど全然怖くなかった。
むしろ、滑稽だった。

中谷美紀が途中から泥のゲロを全く吐かないことに
「あれ? 呪いはどうなったの?」と引っ掛かり、
今まで全然動かなかったミイラが突然歩き出した姿を見て
「えええええ、面白くない発想……」と思い、
幽霊役が安達裕実と分かった瞬間
「可愛らしい幽霊だな」と感じた。

そういう意味では、サスペンス映画かもしれない。
けれど、「何が起こるんだろう?」と
「不安感」や「緊張感」を感じるという意味ではなく、
観終わっても理解できない「未解決」いう意味で……。

意味不明な展開のラブストーリーも入っていて、
なぜ惹かれ合ったのかサスペンスだった。

というわけで、『LOFT ロフト』は★☆☆☆☆。
インタビューなどの特典映像は楽しかった。

↓今日は何位かな?↓




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/153-197fc630

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。