スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『涙そうそう』★★★★☆ 

『涙そうそう』(2006)を観た。

【内容】
森山良子が他界した兄の事を想い作詞した
『涙そうそう』のイメージを映画化した物語。

【キャスト】
・新垣洋太郎:妻夫木聡(幼少期:広田亮平)
・新垣カオル:長澤まさみ(幼少期:佐々木麻緒・春名風花)
・稲嶺恵子:麻生久美子
・勇一:塚本高史
・カオルの父:中村達也
・おばあ:平良とみ
・亀岡:船越英一郎(友情出演)
・恵子の父:橋爪功
・洋太郎の母:小泉今日子
他。

【スタッフ】
・監督:土井裕泰
・脚本:吉田紀子
・主題歌:『涙そうそう』(ビクターエンタテインメント)
 ・作詞:森山良子
 ・作曲:BEGIN
 ・唄:夏川りみ
・挿入歌:『三線の花』(インペリアルレコード)
 ・唄:BEGIN
・製作協力:フィルムフェイス
・配給:東宝
・製作:「涙そうそう」製作委員会
 ・(TBS、アミューズ、東宝、ホリプロ、TBS R&C、MBS)
・上映時間:118分
・公開:2006年9月30日

【ぽっぷの感想】
物語 ★★★★★
祭りの時の兄妹喧嘩の場面では妹のセリフに心打たれ、
涙が出てきたので鼻をつまんでみたらもっと涙出てきたw
妹は兄を気遣い、兄は妹を気遣い、うるるるる……。

「朝から晩まで働いてばっかりじゃなくて!
私の為ばっかりじゃなくて!
もっと自分の為に生きればいいんだよー!」。

配役 ★★★★★
主演の妻夫木聡と長澤まさみが、とっても爽やかだった。
血の繋がらない兄弟を演じているが、強い家族愛を感じた。
妹からは別の愛の形のようであったが……。

友情出演の船越英一郎がこれまた良い役をしていた!
あの名演技に、視聴者の俺もまんまと騙されちゃったよw

演出 ★★★★☆
カオルが大切にしていたウサギのぬいぐるみ。
洋太郎が大切にしていた写真アルバム。
ちょっとした小物が重要アイテムになってて良かった。

「彼女」の恵子が登場する事で、
妹カオルの嫉妬心が垣間見える演出も好きだ。

市場にいる無愛想なおばちゃんからも
無愛想なりの愛情が見えてちょっとジーンとなったりした。

映像 ★★★★★
沖縄の空と海、綺麗だなー!
1996年頃に旅行へ行った時の事を思い出した。
グラフィティー(壁の落書き)もかっこ良かったなー。

音楽 ★★★★☆
『中居正広の金スマ』に森山良子が出演し、
『涙そうそう』を歌った時の事を今でも覚えている。
他界した兄の話を聞いた後の熱唱だったので凄く感動した。

映画のラストに流れる夏川りみの『涙そうそう』は、
個人的には森山良子のそれよりも劣るが、
写真とともに聴くとなぜか感傷にふけってしまった。

というわけで、『涙そうそう』は★★★★☆。
「なんくるないさー」って、なんか響きがいいさー♪

↓今日は何位かな?↓


↓『涙そうそう』関連のDVD、本、音楽など


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/175-b2761554

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。