スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっぷ監督の夢映画: 『居候』(2008)★☆☆☆☆(30点/100点)  

■pはようございます。
映画ブログ『ポップコーンを食べながら』管理人の
「ぽっぷ」ことポップコーン太郎です。

■1月24日の朝に観た“夢映画”を
ここに一つのメモとして更新します。

▼ぽっぷの夢映画: 『居候』(2008年1月24日)

上品なレストラン。
横長のテーブルで食事。

男性は4人。
A川くん、B本くん、C田くん、俺。

女性は2人。
顔は知っているが名前を思い出せない。
たぶんD山さんとE村さん。

A川くんの自転車を直す。
B本くんと直す。
タイヤを付ける。
タイヤに空気を入れる。
時間がかかる。
30分以上かかる。

食事後に車で待っているC田くんに
「先に帰って良いよ」と伝えに行く。

自転車の修理が終わり、
C田くんの家に戻る。
どうやら俺はC田くんの家に居候しているらしい。

ドアノブに伝言の紙があった。
母から「メールを送った」との事。

「メールをチェックすれば分かるし、
ドアノブにそんな伝言残すぐらいなら
その伝言に伝えたい事を書けよ」と
心の中で思う。

PCを起動させる。
すると突然、お絵描きソフトが起動し、
D山さんが描いた
3Dアニメーションの絵が飛び出してくる。

凄く上手だった。

夢から覚める。

 ※注意:
  この話は夢を忠実に再現したノンフィクションであり、
  空想上のフィクションでもあります。

▼個人的な評価は★☆☆☆☆(30点/100点)

 “個人的な評価の基準”は以下の通りです。
  ★★★★★=91点~100点(素晴らしい作品でした!)
  ★★★★☆=71点~90点 (良い作品でした!)
  ★★★☆☆=51点~70点 (まあまあでした。)
  ★★☆☆☆=31点~50点 (ちょっと不満でした。)
  ★☆☆☆☆=11点~30点 (退屈でした。)
  ☆☆☆☆☆=00点~10点 (かなり退屈でした。)

本当に意味不明な“夢映画”でした。
話の流れがさっぱり理解できませんした。
たぶん数十分の出来事だったのだろうけど、
景色が突然変わったりしたので
随分と長い夢映画を観たように感じました。

長いように感じたせいで疲れを感じ、
また、長い割りに内容が薄いので
あまり好きな種類の夢映画ではなかったです。

▼夢関連?


▼関連記事: カテゴリー『ぽっぷ監督の夢映画』
 ■http://popcornangelo.blog35.fc2.com/blog-category-30.html

▼今日は何位かな?
 ■人気ブログランキング
 ■FC2 Blog Ranking

◆最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました。

(c) 2008 映画ブログ『ポップコーンを食べながら』 All rights reserved.
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/196-e1df31cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。