スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タッチ』(2005)★★☆☆☆ 

『タッチ』(2005)を観た。

原作を愛する一人として、
この映画は観てはいけないと我慢してたが
観てしまった……^^;

観終わった感想として、
クライマックスの場面に
孝太郎の“あの”セリフを持ってきたのは正解だったと思う。

総じて、ストーリーの細部でカットしている場面が多いが、
まあまあ上手にまとめてあったと思う。
さすが犬童一心監督!


ただ、配役にはかな~り失望した。
やっぱり原作を愛していると……。

浅倉南はOK。
新体操部としての活動をもっと見たかったがw

上杉達也と和也は、双子だからといって……。
斉藤兄弟を使うとしても、達也の髪型には
分け目が全くない状態にしてもらいたかった。

孝太郎もボツ。
もっと笑顔の素敵なデブを選んでもらいたかった。

新田が右打ちではなく左打ちにしたのはなぜ?
違和感があった。

南のお父さん、眼鏡かけてなかった……。

パンチも違う……。もっとフワフワした犬をお願いします。

一番存在感があったのは、欽ちゃんだったかもw


というわけで、『タッチ』は★★☆☆☆。
犬童一心監督の映画として観れば悪くはないと思う。
けれど、期待が大きかった分どうしてもこうなってしまった。


↓今日は何位かな?


↓「TSUTAYA DISCAS」



↓作品の解説などはコチラ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/35-1e05d340

タッチ

タッチ スペシャル・エディション長澤まさみ あだち充 犬童一心 東宝 2006-03-24by G-Tools【あらすじ】上杉達也と和也は双子の兄弟。幼なじみの浅倉南とは家も隣同士で、小さな頃からいつ
  • [2006/04/13 19:51]
  • URL |
  • Storyのある部屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。