スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『初恋のきた道』(1999)★★★★★ 

『初恋のきた道』(1999)を観た。
3度目の鑑賞になる。

都会から田舎へ来た先生に、
田舎娘のチャン・ツィイーが恋する話。

最高である!
面白いし、綺麗だし、感動する!

あまり気付いてない人が多いと思うが、
もっとも注目すべき点は、
張芸謀(チャンイーモウ)監督の「色の使い方」である。

通常は昔話をする時に用いられるモノクロ映像だが、
この映画はモノクロの画面から始まる。

そして、昔話をするシーンを鮮明なカラーで描く。
チャン・ツィイーの赤がまぶしすぎるほどに。

最後をモノクロでまとめ、
昔話の恋物語がなおさら鮮やかになる。

上手すぎる。

というわけで、『初恋のきた道』は★★★★★。
北京五輪の開会式と閉会式の総監督にも選ばれた
張芸謀監督が、どんな演出をしてくれるのか楽しみだ。


↓作品の解説などはコチラ!


↓今日は何位かな?


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/41-22ae8e78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。