スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フライ,ダディ,フライ』(2005)★★★★☆ 

数日前、『フライ,ダディ,フライ』(2005)を観ました。

娘をボコボコにされた復讐として
堤真一扮する“おじさん”がトレーニングを開始、
勝ち方ではなく戦い方を
岡田准一扮する少年から教わるという話。

面白かった。
尻上がりにワクワクした。
最後は空を飛んでる気分になった。

特に好きだった場面は、バスとの競争。
バスの運転手がネクタイをハチマキにしアクセル全開。
堤真一は会社のカバンを持ちながらひたすら前進。
バスに乗っている常連さんたちが窓から体を出して応援。
感動ものでした。

おじさんの相手役である須藤元気も
迫力ある良い演技をしていた。

病院にて父の決闘の結果を待つ娘が
知らせを受ける場面もなかなか良い。

ラストシーンも絵が綺麗だった。

ただ、残念なのは最初の場面。
モノクロから始まる意図がよくわからなかった。
それと、Mr.Childrenの曲をエンドロールではなく
最後らへんのどっかの場面で入れてもらいたかったな。

というわけで、『フライ,ダディ,フライ』は★★★★☆。
「、」ではなく「,」を使うことに疑問が残るけど。

↓今日は何位かな?


↓作品の解説などはコチラ!


スポンサーサイト

コメント

>最後は空を飛んでる気分になった。

わかります、その感じ!
とても爽快感のある映画でしたね。

堤さんのみどりジャージ姿に惚れました(笑)
  • [2006/03/15 14:40]
  • |
  • azum
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

堤さん

男の俺が言うのもなんですが、
堤さんの笑顔に魅せられますw
彼ありきの映画でした^^
  • [2006/03/15 21:02]
  • |
  • ぽっぷ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://popcornangelo.blog35.fc2.com/tb.php/5-5689cae0

フライ,ダディ,フライ

フライ,ダディ,フライ 特別限定版 (初回限定生産)岡田准一 金城一紀 成島出 東映 2005-12-09by G-Tools【あらすじ】鈴木一は愛する妻と自慢のひとり娘がいる平凡なサラリーマン。ところがあ
  • [2006/03/15 14:38]
  • URL |
  • Storyのある部屋 |
  • TOP ▲

『フライ,ダディ,フライ』

「大切なものを守りたいんだろ、おっさん」■監督 成島 出■原作・脚本 金城一紀■キャスト 堤 真一、岡田准一、松尾敏伸、須藤元気、星井七瀬、愛華みれ、塩見三省、田口浩正、徳井 優、温水洋一、モロ師岡 絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送っている鈴木
  • [2006/03/20 17:33]
  • URL |
  • 京の昼寝~♪ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。